So-net無料ブログ作成
検索選択

八王子スーパー3人射殺 犯人の足跡と同じ靴底の靴公開(産経新聞)

 東京八王子市のスーパー「ナンペイ」で平成7年7月30日、アルバイトの女子高生ら3人が射殺された強盗殺人事件で、警視庁八王子署捜査本部は28日、犯人のものとみられる足跡と同じ靴底の靴4種類の写真や現物を公開した。また事件直後に現場近くの交差点で、現場方向から赤信号を無視して走行してきた不審な白の乗用車が目撃されていたことも明らかにした。事件はまもなく、公訴時効まで半年となる。

 捜査本部によると、同じ靴底を使っている靴は、日本製の「バドワイザー」のハイカットやローカット、「デポ」など4種類の24・5〜26センチ。サイズは靴底に載せる上物の大きさで調節している。これらの靴は平成2〜5年まで約5100足販売されている。

 現場からは複数の足跡が採取されているが、室内での行動範囲などから、この靴底の足跡が犯人のものである可能性が高いと判断した。現場の足跡からは溶接作業時などに飛散する鉄粉や、コケの胞子が付着していた。

 一方、事件発生直後の午後9時40分ごろ、現場から約200メートル離れた国道16号の交差点で、赤信号を無視して現場方向から市道を右折してきた不審な乗用車が目撃された。乗用車は白のセダン型だった。

 情報提供は八王子署捜査本部(電)042・646・4240まで。 

【関連記事】
八王子スーパー殺人 時効まで7カ月、浮かんでは薄れ…消える「点」
死刑囚の男が関与を否定 八王子スーパー強盗殺人
時効まで10カ月…八王子スーパー強殺、捜査員中国へ 
死刑囚の男ら来月聴取へ スーパー射殺事件
八王子スーパー強盗殺人事件、時効まで1年 中国に捜査員派遣へ

<新型インフル>名古屋大、三重大は追試せず(毎日新聞)
人類はどこまで速く走れるか− 瞬間時速69キロ 米大学など試算(産経新聞)
【中医協】有床診の後方病床機能を評価(医療介護CBニュース)
桜開花予想 都心3月24日ごろ 気象庁撤退、民間会社に(毎日新聞)
普天間、地元同意なしで結論も=平野官房長官(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。